【山の日 羅臼岳で見た天国と地獄!?】



何年かに一度、急に山に登りたくなるときがあります。


今回は、知床半島にある標高1660mの羅臼岳登山に挑戦。


山頂まで、往復約10時間と聞いていたので、朝7時に出発。


しかし、いきなり登山口を間違えて1時間半もロス。


その後は、正規の登山道を歩くと想定以上に快適。


8月というのに残雪あり、高山植物を目にしながら5時間半かけて、山頂に辿り着きました。


行きの道すがら、弁当を食べてしまい腹ぺこで困っていたところ、頂上で一緒になったカップルが、菓子パンやアーモンドチョコ、ハイチュウを分けてくれました。


普段はハイチュウなど食べませんが、ここで食べたハイチュウのなんと旨いことか。


何よりも、知床半島を俯瞰できるだけでなく、北方領土の国後島まで遠望できる最高のロケーションに言葉を失いました。


僕の方が足が遅いからと、カップルに別れを告げ、下山を開始した直後、下山ルートの目印を見失ってしまいました。


周りはゴツゴツした岩場で、山頂に戻る道も、下山するルートもわからず。


しかも、300メートルほど下の熊よけのフードロッカーの近くに、ジャンパーや長ズボンが入ったリュックは置いて来てしまったため、写真のようにTシャツ、短パンの軽装。


日が暮れてしまったら、テントも無いのにヒグマが出没する登山道で野宿を強いられる。


それ以前に、残雪がある山頂付近の岩場でこの軽装のまま脱出できなければ、夜は気温が5℃くらいまで下がるため、死ぬリスクさえある。


かつて、鎌倉の坂の下沖で誰もいない場所で、ジョイントブレークしてボードと身体が完全に離れてしまったとき以来のピンチ。


ちょっとパニックになりそうになるくらい、焦ってしまいました。


まさに、進むも地獄、戻るも地獄状態。


気持ちを落ち着かせ、崖に出くわしたら、一旦上に戻る。


ハイマツや苔が生えてる場所は、多少怪我をしても歩みを進める場所と腹をくくりました。


ただし、ハイマツの下がクレパス状態になっていないか、手にしたストックで突っつきながらです。


道なき道をかき分けて、ようやく15時45分に脱出。


本来はリュックを置いた羅臼平まで、25分で降りられるルートなのに、山頂付近の下山だけで80分もロスしてしまいました。


リュックサックをピックアップしてからは、日没までの時間との闘い。


下りはほとんど休みを取らず、日没間際にようやくその日、最後の下山者として登山口の記帳台のノートに署名しました。


早いひとは朝の4時半から登っていましたが、やはり、山登りは不測の事態に備えて、早めに出発すべきことを痛感いたしました。


無事に帰還と顛末を妻に報告したところ、「もう登山は禁止!!」とこっぴどく叱られました。


今日、山の日は、朝7時半から逗子市小坪の海岸地域の800世帯に、市長選挙に向けた政策パンフレットを一軒一軒ポスティング。


特に、小坪漁港や逗子マリーナの背後に家が密集するエリアは、バイクが使えず、ひたすら登り、下り。


炎天下、きついけど、羅臼岳登山に比べれば命の危険もないし、楽チン、楽チンと自分に言い聞かせて活動できました。


スタートとゴールがあり、自分に課したノルマがあるため、登山とポスティングは似ています。


喉の渇きに、貪るサイダーの旨さも同じ。


妻に登山は禁止されていることだし、山の日の今日からは当面、登山代わりにポスティングに励みたいと思います。