【当選 2022逗子市議選 3,429日ぶりに政治家へ】


おかげさまで1943票を獲得し、まずは逗子市議会に送っていただくことになりました。

けさは6時-9時で、JR逗子駅前において『逗子発2030政策シナリオ』の配布しながら、この政策の進捗状況などを、このフェイスブックや長島一由ブログ、『長島新聞』などでガラス張りにしてゆくことなどを訴えさせていただきました。

なお、上の写真はけさのJR逗子駅前。


そして下の写真は、市議選最終演説に向かう際、自宅玄関前での1枚です。






逗子駅では、私も含め5陣営が一緒になりましたが、市議選も終わりノーサイドで、今回の結果を受けて喧々諤々意見交換をいたしました。


7月の参議院選挙の前哨戦とされた今回の逗子市議選において、無所属・無党派や新人候補(自分も市議候補としては新人でした)が上位を占めた結果に、市政を変えて欲しいという逗子市民の強い意志を感じたのが率直な感想です。


14時から逗子市役所で当選証書授与式ということで、任期は4月6日からということですが、2012年11月15日に衆議院議員を退任して以来、実に、3,429日ぶりに政治家に戻ります。


私の場合、公約通り、市議選後も政治活動を継続し、逗子市長選挙に向けての取り組みにも、引き続き全力を挙げてまいります。


しかし、それと同時に、4月中旬からは精神保健福祉士登録をして、まずは、市議会議員兼精神保健福祉士として、市議となる以上、雑巾がけから現場で逗子市民の皆様のお役に立ちたいと思っております。


今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!