【本日締切 国葬出欠のハガキ】


出席で出します。その理由は...


故人がカルト教団の広告塔になったことや教団と政権党との関係(特に選挙支援などで)は、由々しき問題だと思います。


また、国葬の法的な根拠や論拠もファジーなまま

執行が決定され、国民の半数以上が反対していることも政府は重く受け止めるべきと考えます。


ただし、容疑者に同情の余地があったとしても、元総理が銃撃という、いわば選挙演説中のテロで命を落とされたことには深く同情し、追悼の意を表するべきと考えます。


その追悼の意の方法は、他の方法があったのではというのはまさにそのとおりだと思います。


しかし、国葬として執行決定された以上、海外の要人も来訪される中で、空席が目立つなど日本国としての威信を損なうのはいかがなものかと思います。