【逗子駅前交番休止期間は約1年の見通し】



来月、9月26日に一時休止するJR逗子駅前交番。


今回、JR逗子駅の駅ビル整備に伴う休止(新しい駅ビルに取り込まれる予定)について、桜山3丁目のKさん(男性)より、問い合わせがありました。


Q.工事はまだ始まらないのだから、休止開始時期をもっと後ろにずらせないのか?


A.(逗子警察署地域課長回答)9月26日に休止を開始するが、10月1日より工事着工のため、後ろ倒しはできない。

Q.行動制限がない最初の夏で観光客が増えて治安が悪化。また、雨の日など渋滞時に交番のお巡りさんが交通整理しないと渋滞悪化が懸念される。


Q.JR逗子駅前交番休止期間中は、どのようにカバーするのか?


A.(逗子警察署地域課長回答)4月1日から、アクティブ交番を設ける予定。なお、JR逗子駅前交番の再開時期は、未定。


以上のことから、再開時期の見通しをはっきりさせるため、また、アクティブ交番の設置を前倒しするように神奈川県警察本部地域総務課に直接依頼。


Q.市民の不安を少しでも解消するため、再開時期を明確化していただきたい。


A.(神奈川県警察本部地域総務課長補佐回答)

JRさんの工事の進捗状況という相手がある話のため、確約できないが、県警本部としては、2023年10月1日再開を希望している。


Q.アクティブ交番の設置を急げないのか?

A.(神奈川県警察本部地域総務課長補佐回答)

予算取りは済んでおり、入札を終えた段階。

なるべく早く配置できるよう考えている。


ちなみに、アクティブ交番とは、オーニング(ひさし)の着いたミニパトのような車輌のこと。


なお、神奈川県警察では交番の統廃合が進められており、下写真にある清水橋駐輪駐車場横の交番がJR逗子駅交番再開時には統合される予定です。





こういうやり取りもしつつ、市内全世帯ポスティングを進めてきたが、本日、ようやく沼間地域4438世帯(7月末時点)を完了いたしました。




沼間地域は初夏には蛍も乱舞する自然に恵まれたエリアですが、イノシシ注意の看板もいくつか目にしました。



今後は、7丁目から9丁目は完了している桜山1丁目から6丁目への全戸配布をさらに進めてまいります。


最後に、なぜ、自分でポスティングしているのか。


市長候補予定者は他にやるべきことあるだろうと思う方もいらっしゃるかもしれません。


あるいは、ストイックに身体を動かすことが好きなのかと受け取る方もいるかもしれません。


全ては、余計な借りを作らないで選挙に勝ち上がり、しがらみなしに市民のために100%フリーハンドで政策実現するためです。


カルト教団の件が連日クローズアップされていますが、余計な借りを作らないで選挙に勝ち上がることは本当に手間がかかるもんなんです。