top of page

石垣島湘南国際ドキュメンタリー映画祭 長編部門④

ロマンチック金銭感覚 監督:緑茶麻悠、佐伯龍蔵  一般部門 16時30分―18時30分(2月11日)

児童文学家のミヒャエル・エンデが最後に望んでいたエイジングマネー(自然に還るお金)をヒントに、日本でそれを実践している人々やコミュニティを取材し映画化。誰も見たことがないフィクションとドキュメンタリーが融合した作品に。 監督経歴:緑茶麻悠 「wind chime」 賞歴 2017年 新人監督映画祭短編作品部門 グランプリ」 2018年 京都国際映画祭クリエイターズファクトリー「観客賞」。 佐伯龍蔵2020「あそびのレンズ」 上映館池袋シネマ・ロサほか。本作品は、2023東京ドキュメンタリー映画祭準グランプリ、2023田辺・弁慶映画祭フィルミネーション賞受賞。

bottom of page